こんにちは!角田製菓です。

今回のテーマは「ダイエット中で朝のお菓子を食べてしまったら太るのか?」で書いていきます。

お菓子が大好きな人にとっては朝起きてお菓子、仕事の休憩中にお菓子、夜食にお菓子なんて当たり前ですよね。

私は体重が激増してからは夜のお菓子は控えていますが、「ダイエット中でも朝のお菓子なら大丈夫なのでは…」と考える方も多いはず…!!

そこでこの記事では朝ごはんのお菓子は太るのか?について徹底的に調べてみました!

朝お菓子を食べてしまったら太る?

酒まんじゅうの美味しい食べ方・アレンジ方法を紹介!
 

さて、先に結論から書いてしまいますが、朝起きてすぐお菓子を食べてしまっても比較的太りにくいです。

もちろんいくら食べても太らないという意味ではなく、夕ご飯、夜食に比べれば太りにくいという意味です。

就寝中の代謝によって、朝はエネルギーが枯渇している状態です。また日中は活動時間なので、ある程度身体を動かせばエネルギーは消費されてしまいます。

1日でエネルギーを消費をしきってしまえば体脂肪として保存されませんので太らない、ということになります。

朝のお菓子で太るパターン3つ

しかし、朝のお菓子でも太る時は太ります。ではどんな場合に太ってしまうのか?そのパターンについて考えてみましょう。

①朝ごはんのあとにお菓子を食べてしまう

朝ごはんでお米やパンを多めに摂ってしまった場合のお菓子は要注意です。

ご飯やパンを食べた場合、糖質はすでに摂取できています。

そこに更にお菓子の糖質や脂質を入れた場合は使われずに余ってしまいますよね。すると1日で使われずに残ってしまったカロリーはそのまま体脂肪として蓄えられてしまいます。

お菓子のエネルギーの大半は糖分ですので、いくら朝とは言え1日の活動量を超える糖質、脂質の摂りすぎは太るということです。

②高糖質&高脂質のお菓子を食べる

イタリア栗のモンブランマリトッツォ

お菓子には高糖質のものだけでなく、高脂質なものがあります。高糖質&高脂質なお菓子としては以下のようなもの!

【高糖質&高脂質なお菓子一覧】

すべてセブンイレブンのデザート・スイーツ商品から抜粋しました。

  • こだわりチョコのカスタードエクレア:233kcal
  • 北海道産クリームのふんわりロールケーキ:195kcal(一切れ)
  • 7プレミアム 16層のミルクレープ:264kcal
  • 濃厚チョコバナナクレープ:255kcal
  • ダブルクリームのカスタード&ホイップシュー:342kcal
  • ストロベリー&アーモンド パンケーキ:308kcal
  • 7プレミアム フレンチクルーラーいちごホイップ:415kcal
  • 7プレミアム しっとりバウムクーヘン:290kcal
  • 7プレミアム ワッフル 4個入:456kcal
  • カスタードプリン:275kcal

などなど、高糖質&脂質を合わせるとたった一個で相当なカロリーになってしまいます。毎日スイーツやデザートを食べている場合は通常よりも一食分多く食べていることになります。

③爆食いしてしまう

どんな食べ物でも爆食いしてしまったら太ります。

更にその中でもお菓子の爆食いは別格です。お菓子はお腹が膨れにくい上にカロリーが高いので、食べ慣れている人ならいくらでも食べられてしまいます。

「高糖質&高脂質&高塩分」なんて組み合わせになっていたら目も当てられません。

【高糖質&高脂質&高塩分の例】

  • ペヤング&ファンタ&シュークリーム

上記の例で食べてしまうと、それだけで1000kcalを超えます(もちろん食べたことあります)。

昼と夜にも食事を摂ると考えると3000kcalは軽く超えてしまいますので、いくら朝でも食べ過ぎです。爆食いはいずれにせよ太りますので、適度な量で済ませることが大切です。

朝に食べても大丈夫なお菓子類

朝に食べても比較的問題ないお菓子の代表が「低脂質なもの」です。カロリーが低めのお菓子は糖質は高いものの、脂質が少ないので総カロリーを下げられます。

というわけで低脂質なお菓子を紹介していきましょう!

まんじゅう(和菓子類)

酒まんじゅうのアルコール度数とは?

まんじゅうは実はカロリーがそこまで高くない和菓子です。

当店(角田製菓)の酒饅頭(宣伝)は1個辺り約116calと、セブンイレブンのスイーツなどと比較しても半分以下となっています。

お菓子の中でも和菓子は脂質が低いものが多いので、同じ個数食べるなら和菓子を選択するのがおすすめです。

ただし、和菓子でも生クリームやカスタードが入っていると脂質が上がるのでお気をつけて(あんこは大丈夫)。

ゼリー

カロリーの低いお菓子

次はゼリー類です。こんにゃく畑は1個あたり25kcalとかなり低いです。

4個食べても100kcalなのでダイエットの強い味方です。一袋食べてしまうと300kcalですが、さすがに1日で一袋食べてしまうことは考えづらいですよね。いや考えたくない。

1日3~5個程度食べてもスイーツの半分以下のカロリーなのは素晴らしいですね。

アイス(脂質が低いもの)

カロリーの低いお菓子

脂質が低めのアイスはおすすめです。

例えば雪見だいふくは2個入りを全部食べても166kcalと、スイーツ系よりもカロリーが低めです。

ただしアイス類でも

  • チョコがかかっている物(ブラックサンダーアイス 320kcal)
  • ハーゲンダッツ(400kcalくらいある)
  • スーパーカップ(380kcal)

とカロリーが高いモノが潜んでいるので、必ず買う前にカロリーを確認しましょう。

朝にお菓子を食べすぎてしまった場合の対処法

もし朝にお菓子を食べすぎてしまった場合はどうすれば良いのか?についてですが、実は摂取したエネルギーが体脂肪になるまでは48時間と言われてますので、次の日のカロリー摂取を抑えるようにすれば体脂肪の増加は抑えられます。

例えば

  • 朝8時にお菓子を大量に食べてしまった
  • 次の日の朝のカロリーを控えめにする=48時間以内の総カロリーを抑えて余った糖質を消化する

という感じで2日間のトータルカロリーを抑えて2日目でエネルギーを消化してあげるイメージです。

僕もたまに食生活が一時的に乱れてペヤング&ファンタ&卵かけご飯でフィニッシュ(深夜の1時!)なんて時がありますが、次の日のカロリーを1500kcal以下に抑えると身体はそのままキープできます。

「食べ過ぎた次の日は低糖質・低脂質・低塩分にする!」を意識して、48時間のトータルカロリーを抑えるようにしましょう。

まとめ

朝のお菓子は比較的太りませんが、食べすぎには注意です。

またお菓子の種類によってカロリーが全然違いますので

  1. 高糖質&高脂質なお菓子は太る(和菓子はカロリー低め)
  2. 食べ過ぎたら48時間以内に燃やし切る(体脂肪になるのを避けられる)

この2点を意識してあげて、朝のお菓子を体脂肪にしないためにお菓子生活をコントロールしてあげましょう!